バードウォッチング

バードウォッチング
野鳥の森は、県民の森の中でも野鳥がエサとして好むツバキやサザンカをはじめ、ウメモドキ、トキワサンザシ、ナンテンなど多くの実を付ける木がたくさんあります。野鳥の観察小屋からは、水辺が覗けるようになっているので、バードウォチッングには最適です!

こんな野鳥を見ることができます

ヤマガラ

ヤマガラ
体長14cm。県民の森に年中滞在する留鳥で、頭部のクロとバフ色の斑、腹部の茶褐色が目立つ。ツツピー、ツツピーと囀る。

シジュウカラ

シジュウカラ
体長14.5cm。ヤマガラ同様、留鳥で頬の白とお腹の黒いネクタイ模様が目立つ。ツーピー、ツーピーと囀る。

エナガ

エナガ
体長13.5cm。尻尾が長い小さな鳥で、群を成して樹間をせわしく飛び廻る。ジュリ、ジュリと鳴く。

コゲラ

コゲラ
体長15cm。小型のキツツキで、木の幹に着いた虫をつつきながら飛び廻る。ギー、ギーと鳴く。

キセキレイ

キセキレイ
体長20cm。渓流沿いに石を伝って飛び廻り、尻尾を上下に振って、チッ、チッ、と鳴く。

キセキレイの巣と卵

キセキレイの巣と卵

キセキレイ抱卵

キセキレイ抱卵

アオゲラ

アオゲラ
体長29cm。大型のキツツキで、うっそうと茂った林の中でケッ、ケッ、ケッと大きな声で鳴くが姿はなかなか現さない。留鳥で県民の森でも雛を孵す。

アオゲラ営巣

アオゲラ営巣

アオゲラの雛

アオゲラの雛

オオルリ

オオルリ
体長16.5cm。県民の森には夏鳥として4月ごろ飛来し、子育てをしたあと9月ごろ飛び去る。 雄は高い木の天辺で綺麗な声で囀るので、ウグイス、コマドリとともに日本3鳴鳥と呼ばれている。

オオルリ幼鳥

オオルリ幼鳥

カケス

カケス
体長33cm。カラス科ながらカラフルな鳥で、林の中でジェー、 ジェーとけたたましく鳴く。警戒心が強くなかなか姿を見せない。

アカショウビン

アカショウビン
体長27.5cm。体の大部分が黄褐色を帯びた赤で、嘴が大きく、キョロロロ・・・と尻下がりに鳴く。

カワガラス

カワガラス
体長22cm。全身が黒褐色で、幼鳥は体に白斑がある。 渓流の傍で生活する留鳥で、水に潜って昆虫などを捕食する。

野鳥の森の観察小屋

観察小屋
観察小屋
観察小屋

ページの上へ このページの上へ