オンライン

SOELU(ソエル)のデメリット6つをぶっちゃける!ヨガ初心者にメリットある?

私が実際にSOELU(ソエル)を使っていて感じるSOELU(ソエル)のデメリットを6つ程紹介します。

私が実際にソエルを使い続けているのは、SOELU(ソエル)にメリットを感じ満足しているからなのですが、

SOELU(ソエル)の入会を検討している人にとっては、SOELU(ソエル)のデメリットの部分も気になりますよね。

ちょっと厳しめのものもありますが、ソエルにはそれだけ期待しているので、私の願いも含まれています!

是非ソエルの口コミ体験談も合わせて参考にしてください。

SOELU~ソエルのデメリット|ライブレッスンのココがイマイチ悪い点

まずは、SOELU(ソエル)のデメリットを6つ挙げてみました。

ただ、全員にとってデメリットと感じるわけではないと思いますし、SOELU(ソエル)をどのように使うのか、主にライブレッスン中心で使うのか、あるいはライブと動画レッスンを半々くらいで使うのかによってもデメリットと感じる、感じないの違いはあると思います。

自分の状況に置き換えて、自分にとってデメリットになるのかならないのかを考えてみてください。

ソエルのデメリット①ポーズチェックは物足りない

私が感じるSOELU(ソエル)のデメリット1つ目は、ポーズチェックが物足りない点です。

ポーズチェック枠での参加でも、インストラクターによっては「いいです」しか言わなかったり、あまりチェック入らないな、ということもあります。

人気のインストラクターはやはりこまめに「○○さん、膝が内側に入っちゃってます」など声かけをしているので、そういう人が人気になるのかもしれません。

また、間取りやカメラの性能によっては、上手に全身を映しだすのにコツがいるかもしれません。

ソエルのデメリット②回線状況に依存している

SOELU(ソエル)のデメリット2つ目は、回線の状態に依存してしまう点。

インストラクターの声がとぎれとぎれになったり、映像がストップしたりすることがたまにありました。

アプリでは参加人数が表示されるのですが、減ったり増えたりを繰り返して切断と再接続を繰り返す状況のときは、おそらくインストラクター側の回線が不安定なので皆さん接続しようと頑張っているのだと思います。

音声の多少の途切れくらいならヨガやリラクゼーション系レッスンではあまり影響がないですが、ダンス系は音楽が大事なのでちょっと困りました。

そういった障害があったとき、受け放題プランじゃないチケット購入の参加者は事務局に言えば払い戻しができるので安心です。

ソエルのデメリット③実際に受講するまで内容がよくわからないことも

SOELU(ソエル)のデメリット3つ目は、初心者には難しいレッスンも多い点。

しかも、星の数ではわかりにくいんです。

とくにダンス系やフローヨガ系のレッスンでは、星の数で難易度や運動量は参考になるものの、レッスン内容の説明も読んだ上で参加してみたら、思っていたより難しかった、というレッスンもありました。

初心者向け、といっても経験のある初心者と全くの初心者ではまた違い、また運動神経の良さや体力レベル、柔軟度など、個人差があります。

数多く参加して自分に合ったプログラム、もしくはインストラクターを見つけることが楽しく続ける秘訣かもしれません。

ソエルのデメリット④やりたいメニューを探しにくい

SOELU(ソエル)のデメリット4つ目は、メニューの探しにくさかなと。

SOELU(ソエル)はライブレッスンに特化し、有名インストラクターと一緒にライブレッスンできるのが最大の魅力です。

しかし、ソエルにもビデオレッスンが用意されていて、ライブレッスンを中心とするサービスの中では充実した動画レッスンが用意されています。

しかし、目的の動画が探しにくいというデメリットを感じます。

アプリの機能の問題ではありますが、リーンボディと比較してもアプリの使いやすさ、動画の探しやすさはリーンボディの方が使いやすいです。

ソエルのライブレッスンを主に受講する方の場合、あまりデメリットとは感じないかもしれませんが、ビデオレッスンも割と使う人の場合は少し気になるかもしれません。

ソエルのデメリット⑤ビデオレッスンの本数がやや少ない

SOELU(ソエル)のデメリット5つ目は、ビデオレッスンの本数がやや少ない点です。

SOELU(ソエル)はライブレッスンに力を入れている事もあり、動画でのビデオレッスンの充実はまだ発展途上な感じがします。

ライブレッスンをしているサービスの中には動画レッスンはゼロのサービスも多いので、その中ではソエルの動画本数は多い部類になりますが、動画レッスンに特化したリーンボディと比較するとやはりやや少ないなと感じます。

ソエルはライブレッスンがメインのサービスなので当たり前と言えば当たり前ではありますが、今後に期待と言った感じです。

ソエルのデメリット⑥フィットネス系が少ない

SOELU(ソエル)のデメリット6つめは、フィットネス系のレッスンがやや少ない点です。

SOELU(ソエル)のレッスンはヨガやピラティスが中心です。

ヨガ、ピラティスのライブレッスンはかなり充実していますし、インストラクターの質も高く、オンラインでヨガをはじめるならソエルが絶対おすすめです。

ただ、フィットネス系のエクササイズに関しては、少し少ない様に感じます。

 

もしビデオレッスンを中心に受講したいのであれば、リーンボディと両方体験して決めるのがおすすめです。

ライブレッスンでヨガを習いたいならソエル

ビデオレッスンでフィットネスをしたいならリーンボディ

ソエルとリーンボディの比較も参考にしてみてください

SOELU~ソエルのメリット|ヨガ初心者にもおすすめな点

ソエルのメリット①1レッスン15分~30分くらいなので時間を作りやすい

とにかくたくさんのレッスンが展開されているSOELUなので、ちょっと時間が空いた!という隙間時間をうまく活用して15分だけ、30分だけとレッスンに参加できるのがうれしいポイントです。

気がついたら1日トータルで2時間もレッスン受講していた!ということもありました。もちろん、がっつり取り組みたい人には1時間のレッスンもあります。

ソエルのメリット②多彩なレッスンがあり、飽きない

メニューだけ見ても迷いに迷うラインナップですが、同じメニューでもインストラクターが変わると内容に変化があり、本当に飽きません。

体験期間中はレッスン受け放題なので何でも受けてみればいいのですが、気が済むまでに体が悲鳴を上げそうです。せっかく入会しても、受けられるレッスンの数が少なくて物足りない、という心配は無用です!

ソエルのメリット③ライブレッスンだがギャラリー枠があるので部屋が散らかってる日でもOK

SOELUのライブレッスンはZOOMなどのアプリを使うわけではなく、オリジナルのアプリやサイトから受講します。

そもそも他のユーザーに自分の姿を見られることはないのですが、インストラクターにも見られたくない、という人も少なくないのではないでしょうか?

ギャラリー枠で参加すれば自分の姿はインストラクターにも誰にも映らず、パジャマ姿でも頭がぼさぼさでも気兼ねなく参加できます。

スマホアプリですぐ参加できるので、ヨガマット分のスペースさえあれば本当に気軽に受講できます。

この気軽さは継続するハードルをぐっと下げてくれます。

スマホアプリでもブラウザでも、インストラクターの横に自分を映すウィンドウを表示させることができるので、自分をチェックすることはギャラリー枠でも可能です。

ソエルのメリット④コンディションやレベルに合わせて難易度・運動量を選べる

星の数でレッスンの難易度と運動量を確認して参加するかどうか選べるのも便利ポイントです。

SOELUのアプリはとても便利で使いやすいので、たくさんあるレッスンから受けたいものを選ぶのも簡単です。

もちろん、レッスンの種類によって同じ星の数でも参加しやすさは違ってくるので、レッスンのタイトルや説明を読みつつ、よさそうなレッスンを探すのも楽しみのひとつになりました。

ソエルのメリット⑤直前の5分前までは予約キャンセルできるのが安心

SOELUのレッスンは、参加人数に限りがあるので予約しているレッスンが受けられそうになかったら早めにキャンセルするのがマナーです。

でもキャンセルはWEBやアプリから簡単に手続き可能。

レッスン開始5分前までキャンセルができます。

同様に、レッスンの予約も開始直前でもOK。

突然参加したくなったらポチっとするだけですぐ参加できます。

ただし、キャンセルは5分前までなので、それ以降に予約するとキャンセルはできなくなります。

ソエルのキャンセル方法は払い戻しについては下記も参考にしてください。

ソエルのメリット⑥子供や家族と一緒に参加できる!

SOELUのレッスンは子供や家族と一緒に参加することができます。

夫婦向け、というのはありませんが、親子で参加できるレッスンメニューも、子供が参加しやすい時間帯に開催されています。

特に身体を動かす機会が減ってしまっている時勢なので、運動の楽しさを一緒に経験するいいチャンスになると思います。

ソエルのメリット⑦いつでも休会、途中解約、退会できる

ソエルはいつでも休会や途中解約ができます。

入会時の契約が1年契約の場合は、契約終了じのタイミングでの退会となりますが、基本的に解約にあたり縛りのようなものはありません。

もし、続けられるか不安がある場合は、はじめは月額の契約でスタートしてみるのがおすすめです。

年間契約の方が多少安くはなるので長期的に続けるならお得なのですが、まずは始めてみたい場合は月額契約でスタートして、これなら長く続けそうだなと思ったタイミングで年間契約に切り替えるのが良いと思います。

詳しいソエルの休会、途中解約、退会方法については下記も参考にしてください。

 

SOELU~ソエルのレッスン形態は2つ

まずはSOELU(ソエル)のレッスン形態について簡単に触れておきます。

ソエルのレッスン形態はライブレッスンとビデオレッスンの2つあります。

メインはライブレッスンになります。

ライブレッスン

SOELUの大きな特徴として、豊富なライブレッスンがあります。

ライブレッスンとは、インストラクターとオンラインで繋がったレッスンのこと。

1日に行われるレッスンは100種類あるとか!朝5時台から日によっては深夜1時台まで、同時多発的にたくさんのレッスンが行われているので、選び放題・・・というより、迷ってしまうほどです。

インストラクターにポーズチェックや特に気になることの相談もできますが、自分の姿はインストラクターにしか見えていないので気軽に受講できます。

ソエルのレッスン一覧や内容は下記にまとめています。

ビデオレッスン

ビデオレッスンは、あらかじめ録画された動画によるレッスンで、いつでも自分の好きな時間に再生して受講できます。

YOUTUBEなどと同じ感じですが、ライブレッスンでおなじみのインストラクターによる動画なので、より親しみをもてますし、目的や効かせたい部位など、専門的に作られた感じがするレッスン内容となっています。

YOUTUBEの膨大な数の動画の中から自分にしっくりくるものを探し出すのはかなり大変ですが、SOELUのビデオレッスンはそのような手間がないのもメリットといえます。

SOELU~ソエルのライブレッスン受講はギャラリー枠とポーズチェック枠の2種類

SOELU~ソエルのギャラリー枠とは

SOELUのライブレッスンのギャラリー枠とは、インストラクターからはこちらの様子が見えない・聞こえない、こちらからインストラクターを見る・聞くのみのレッスンです。

レッスンの種類によっては、フロー系のヨガやズンバなど、あまりインストラクターからの説明がいらない・もしくは入るヒマがないタイプのレッスンの場合、ポーズチェック枠との違いはそれほど感じないかと思います。

寝間着のままや散らかった部屋などでも気軽に受講できるのもギャラリー枠ならではです。

SOELU~ソエルのポーズチェック枠とは

ポーズチェック枠とは、こちらの様子をインストラクターに送り、「腰が反りすぎてますよ」「視線はもう少し上にしましょう」などの指示を貰えるレッスンのことです。

レッスン中はミュートになっているので声は届きませんが、姿はインストラクターに見てもらえるので、できたつもりだけどできていなかったり、間違ったやり方で体を痛めてしまったりするのを避けられます。

レッスン開始前や終了後にインストラクターに相談できることもあるので、肩こりが酷いときは開始前にそのように伝えると、肩に重点を置いたポーズを多めにしてくれることもあります。

100円で30日レッスン受け放題開催中

SOELUのライブレッスン・ビデオレッスンが好きなだけ受け放題で30日間100円という嬉しい体験プログラムが開催されています。

ライブレッスンではポーズチェックも、ギャラリーでも参加し放題です。

どれほどメリットを語られても、実際に利用してみないと本当のところはわかりにくいもの。

100円という低価格が申し訳なくなってしまうほど充実した体験プログラムは、SOELUの豊富なレッスンをすみずみまで、時間と体力の許す限り満喫できますよ!

 

SOELU(ソエル)のデメリット・メリットまとめ

SOELUのお得な体験期間に受けたレッスンについてご紹介しました。

本当は全部のレッスンを受けてみたいくらいなのですが、全部なんてとてもできないほど楽しいレッスンがもりだくさんです。

アプリもとても使いやすいので、毎日スマホで今日はどれに参加しようかな、とチェックするのが本当に楽しみです!

それに、1週間目から体幹がしっかりしてきたことを実感できました。ぜひみなさんも気軽に100円体験に参加してみてください!

-オンライン
-

error: Content is protected !!